更年期の期間はどれくらい?

更年期にさしかかると、顔のほてりや耳鳴り、イライラなどさまざまな症状に悩まされることがあり、いつまでこの症状と付き合うのだろうといったような不安に駆られることも少なくないでしょう。
では、この更年期の症状は一体どれくらい続くものなのでしょうか。

更年期とは

更年期とは一般的に閉経の前後の約10年間を指します。1年間に渡って生理がこない閉経の年齢は、日本人女性の場合、平均で50.5歳といわれているため、更年期とはおおよそ45歳から55歳くらいと考えられます。
しかしながら、閉経の時期はもちろん、更年期障害の症状が現れる時期も人によって異なるため、一概にはいえません。

年齢の違いによる症状の度合い

このように更年期には10年ほどの期間がありますが、年齢が低いほどその症状は重い傾向が見られます。

具体的には40代のはじめがもっとも症状が重く、年齢が上がるにつれて症状が緩和されていくようです。
このため、更年期に起こりやすい腰や手足の冷えや、頭痛、めまい、憂うつな気分など特有の症状は年齢が低いほど強く訴える傾向があります。

また、40代のはじめはプレ更年期ともいわれ、更年期の前段階のため、自分が更年期に差し掛かっていることに気がつかなかったり、受け入れられないこともあるのが特徴です。

加えてこの年代は近年の晩婚化の影響で子育てに追われている時期とも重なり、環境によるストレスとあいまって、症状を悪化させる危険性もあるので注意が必要です。

自己判断は禁物

また、更年期の年代に差し掛かっているからといって自己判断は禁物です。更年期障害と似たような症状では、高血圧症や心臓病、糖尿病、甲状腺機能障害などがあり、どれもこの年代で発症率が高まる病気でもあります。

更年期障害の症状も含め、自己判断はしないで医師に相談することが大切です。

いずれにしても更年期になると、辛い症状がいつまで続くのか不安になりますが、これは多くの女性が経験することです。
途方にくれて気を落としたり過度のストレスを溜め込まないよう、更年期はいつか終わると気楽に考えて過ごすことも重要です。